Main – Albore Jazz

Releases

ALB 504 – CARUSO / Jazzin’ Italian Standards – Luigi Martinale Trio

Digital: Now available
Street: T.B.A.

 

ALB 029 – A DIFFERENT TRUTH – T-Riot / Lomagistro – Pace – Vincenti
伊プーリャ発、ディープで強靭なグルーヴと突き抜けたサウンドを放つ新生ピアノ・トリオ<T-RIOT>。
フィンランド/iTunes Jazzチャート1位(2017年06月14日現在)

 

albcd028_giovanni sanguineti nextrioALB 028 – GNOTHI SEAUTON – Giovanni Sanguineti Nextrio

#5 on “Jazz Critiques” – Jazz Audio Disc Award 2016 / Instrumental
ジャズオーディオ・ディスク大賞2016【インストゥルメンタル部門】第5位

 

ALBCD 027 Paolo Recchia Peace HotelALB 027 – PEACE HOTEL – Paolo Recchia

#9 on “Jazz Critiques” – Jazz Audio Disc Award 2015 / Instrumental
ジャズオーディオ・ディスク大賞2015【インストゥルメンタル部門】第9位

 

CD601ALB 601 – LIGHT – Rossano Baldini
イタロ・カルヴィーノの言うところの<軽さ>:重さからの離脱、世界の重苦しさを認めながらもそれを解きほぐすような別の視点と論理。本質的で目に見えないもの、予測しがたい無限の可能性に関する詩学。

 

ALB 022 – PORTRAITS – Dario Carnovale
『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚/オーディオファンも聴いておきたい優秀録音盤』(田中伊佐資・著)掲載

 

News

 

Import

Import 10″ Vinyl – E-Ong Muan Sun – Apichat Pakwan – Animist, NL
(Arrival: September 2017 / Pre-order)

タイ/ラオスの伝統音楽と、ダブ、ヒップホップ、エレクトロの融合を試みるApichat Pakwanによる2ndリリース。

 

Import CD – Snailspace – Simone Graziano, AUAND Italy
(Arrival: September 2017 / Pre-order)

伊ジャズ界の<ネクスト・ジェネレーション>の一人として熱い注目を集める、伊フィレンツェ出身の知性派ピアニスト、シモーネ・グラツィアーノ率いる新ピアノ・トリオ。

 

Import CD – Note dei Tempi – Quilibrì, AUAND Italy
(Arrival: September 2017 / Pre-order)

90年代初頭よりコンテンポラリー/即興シーンで頭角を現し、長年に渡りフランコ・ダンドレーアのプロジェクトに参加してきたサックス奏者、Andrea Ayace Ayassot率いるコンテンポラリーユニット Quilibrì による2017年作品。

 

Import CD – Legacy – Pericopes + 1, AUAND Italy
(Arrival: September 2017 / Pre-order)

アレッサンドロ・ズゴッビオ(p)&エミリアーノ・ヴェルニッツィ(sax)によって2007年に結成されたコンテンポラリー・デュオ、Pericopes + 米出身のドラマーNick Wightによるトリオ作品。

 

Import LP (LTD 150) – Superswede Original Soundtrack – Matti Bye – Rotor, Sweden (Arrival: September / October 2017 / Pre-order)
スウェーデンの伝説のF1レーサー、ロニー・ピーターソンの半生を追ったドキュメンタリー映画「Superswede: En film om Ronnie Peterson (2017)」のオリジナルサウンドトラック。全世界150枚・超限定プレス。早期完売必至につき、ご予約はお早めに!

 

Import Re-issue LP – The Way (1976) – Marius Cultier – AscENsioNàLe, Italy (Arrival: September 2017 / Pre-order)
西インド諸島/マルティニーク出身、フレンチ・カリビアン・グルーヴの雄マリウ・クルティエによる、代表作「Ouelele Souskai」(1975)と双璧をなす1976年傑作(原盤:MAGIDISCO LP1001)

 

Import LP (Ltd) – Allt Åt Alla – Vilhelm Bromanders Initiativ – Signal and Sound, Sweden
「The Revoid Ensemble / Klas Nevrin」(FYR034, Found You)で記憶に新しい、スウェーデン/ストックホルムのエクスペリメンタル・シーンで活躍するベーシスト、Vilhelm Bromander(1988年生)名義による2017年コンテンポラリー・ハードバップ〜フリー作品。

 

Import LP+CD (Ltd) – Swing – Correction – Signal and Sound, Sweden
スウェーデン出身、Sebastian Bergström (1986年生) 率いる即興ピアノトリオ「Correction」による2016年作品。
限定LP+CDセット。

 

Import LP (Ltd) – Röjer På Vinden – Brända Broar – Signal and Sound, Sweden
スウェーデン/ヨーテボリ出身のサックス・プレイヤーNiklas Perssonを1ホーンに立てた、ジョージ・ラッセルやレニー・トリスターノを思わせる極上のアヴァンギャルド作品。

 

Import LP (Ltd) – Lines And Dots – Anders Ahlén Unit – Signal and Sound, Sweden
スウェーデン発、Signal and Sound Recordsによる記念すべき第1作目。「アルバート・アイラー、ドン・チェリー、エリック・ドルフィー、サニー・マレイを思わせるメガ・ストロング・デビュー」と評された、ギタリスト/コンポーザーAnders Ahlén率いるアヴァンギャルド・プロジェクト。

 

Import CD – Dr. Mysore – The Nordanians – Zennez, NL
バングラデシュ出身/現代タブラ界を牽引するプレイヤーの一人であるNiti Ranjan Biswas、A.Houdsmitを彷彿とさせるファンク系ギタリストMark Tuinstraによるタイトなリズムに、欧州フォークロア〜中東〜中央アジア風メロディまで幅広い守備範囲を誇るOene van Geel (vln)が彩りを飾る多国籍サウンド・プロジェクト。

 

Import CD – Young Heart – Vera Naus – Zennez, NL
オランダ系家族に生まれ、ドイツで学び育った若手女流SSW、ヴェラ・ナオスによるデビュー作品。どこか不思議なメロディとハーモニーに、凧揚げをする姿の70年代風アートワークが印象的。

 

Import CD – Triology vol.2 – Mario Nappi Trio – Skidoo, Italy
伊ナポリ出身の若手ピアニスト、マリオ・ナッピ率いるレギュラー・トリオ。2016年リリースの「Triology vol.1」に続く待望の第2弾、「Triology vol.2」。瑞々しいメロディとフレッシュなアイデアが光る2017年録音。

 

Import LTD LP – Odd Jazz vol 1 – produced by The Blassics – Odd Funk, Finland
ヒプノティックなベースライン、アフロ調ドラム&エキゾチックなパーカッションによるビートを基調に、トランペット、テナー、ピアノ、エレピ、シタールが静かに昇華する、捨て曲なしの全12トラック。Sun Ra好きはもとより、アブストラクトHIP HOP、ダブステップ・ファンにもオススメ。

 

Import LTD LP – Becoming Waves – The Blassics – Odd Funk, Finland
レーベルを主宰するアフロ・ビート〜クラシック・ジャズ・ファンク・バンド「THE BLASSICS」が贈る、2017年リリースの3rdフル・アルバム。アフロ〜ダブステップのビートがとにかくカッコイイ、高密度な一作。

 

Import LTD LP – We Call It Real – The Blassics – Odd Funk, Finland
フィンランド発、アナログ・サウンドに強いこだわりを持ち、ヴィンテージ機材を用いたアナログ・レコーディングで60-70年代のレアグルーヴ・サウンドを現代に再現する Odd Funk Records。アフロ・ビート〜クラシック・ジャズ・ファンク・バンド「THE BLASSICS」による2ndフル・アルバム。

 

Import CD – Be Free – Francesca Sortino – A.MA, Italy
伊プーリャ出身の人気女性シンガー、フランチェスカ・ソルティーノによる2017年ジャジー・ソウル作品。ロベルト・ロッシ(tb)、ピエートロ・ルッス(p)、ロバート・ボニソーロ(ts)、ルーカ・ブルガレッリ(b)、ヴィンチェンツォ・フローリオ(b)ほかによるサポート。

 

Import CD – The Revoid Ensemble – Klas Nevrin – Found You, Sweden
それぞれの楽器の持つ温度感とテクスチャーを活かしながら、ミニマルな構造の中に立体的に音を配した8人編成アンサンブル。効果的に用いられた微分音が北欧のノスタルジーを感じさせるThird Stream作品。

 

Import CD – Minsta Gemensamma Nämnaren – Filip Augustson – Found You, Sweden
スウェーデン・ヨンショーピング出身のベーシスト、Filip AugustsonによるFound You2作目。ウォームなトーンで牧歌的な雰囲気を醸し出すM1、ソリッドな響きでストレートアヘッドにテーマを刻むM4ほか。

 

Import LP – Fragile – Seval, Sofia Jernberg – Found You, Sweden
1983年エチオピア出身/スウェーデン在住の女性SSW、ソフィア・イェルンベルグが、シカゴ・フリー・ジャズ・シーンで活躍するフレッド・ロンバーグ・ホルム(cello)の楽曲をヴォーカライズしたアナログ&配信オンリー作品。

 

Import CD – Chromos – Domenico Cartago – AUAND piano series, Italy
デビュー作「Skylark」で好評を博した、ドメーニコ・カルターゴ(p)率いる新トリオ。よりシネマティックで現代的な側面を聴かせるオリジナル全9曲。モーダルな響きに美しいテーマが映える5/4の「Krene」、E・ピエラヌンティ風のメロディによるタイトル・トラックほか。

 

Import CD – Stopping – Giulio Stermieri – AUAND piano series, Italy
Foursome」でラリー・ヤングばりのオルガンを披露したジュリオ・ステルミエーリ(p)による初リーダー作。伊パルマ音楽院でポール・ブレイに関する研究をおこなったあと、同音楽院の作曲科で修士号を取得。個性的なレパートリーを通して、緊張に満ちたフレッシュなアイデアを聴かせるピアノ・トリオ作品。

 

Import CD – Living Here – Hermine Deurloo – Zennez, NL
現役クロマチック・ハーモニカ奏者としてヘンドリック・ミュールケンス、ハワード・レヴィ、グレグワ・マレに続いて名の挙がる、蘭アムステルダム出身のハーマイニー・デューローによる自己名義6作目。ピアノのレンブラント・フレリヒスは、蘭Challengeに作品を持ち、近年はパオロ・フレーズ(tp)との素晴らしいデュオも聞かせる実力派。

 

au6007-6008-banabaImport LP / CD – Banaba – Messina Signorile – auand, Italy
伊ナポリ出身のビートメーカー/プロデューサー、マルコ・メッシーナ(99 POSSE)が、ミルコ・シニョリーレ(piano)とともに送る、エレクトロニクス/ヒップホップ/ダブステップ/ピアノ・プロジェクト。パオロ・フレーズ(tp)が1曲でゲスト参加。

 

zr1604001Import CD – After All – Soo Cho Trio – Zennez, NL

ジャズオーディオ・ディスク大賞2016【インストゥルメンタル部門】第27位

 

sse-12002_largeImport LP (Ltd 500 copies) – Conception – Jan Huydts Trio – 678 Records, NL
蘭PHILIPS「TRIO CONCEPTION」で知られるヤン・ハイツ率いるトリオが、1971年に独ケルンにある当時最先端のスタジオで自主録音した、奇跡のレア・グルーヴ/未発表テープ。

 

sse-12002_largeImport CD – Canyon – Antonio Vivenzio – AUAND piano series, Italy
’83年生まれのピアニスト、アントーニオ・ヴィヴェンツィオ率いるピアノ・トリオ。’09-11年にかけてエンリーコ・イントラ指揮によるビッグ・バンドでピアノを担当。’10年、パリ=マーシャル・ソラール国際ジャズ・ピアノ・コンクール参加。

 

au3009Import CD – Migrations – Franco Piccinno – AUAND piano series, Italy

ジャズオーディオ・ディスク大賞2016【インストゥルメンタル部門】第11位、寺島レコード「JAZZ BAR 2016」収録